びっくりドンキー
南行徳店

副店長

平塚 一真

2015年入社

まずは、一人前の副店長に
将来はPRONTOでも活躍してみたい

副店長に昇格して約半年。ホールでの接客やキッチンでの調理といった普段の営業活動に加えて、裏方の事務業務を少しずつ学び始めています。たとえば、食材ロスを極力抑えられるように、仕込みの量を考えながら食材の発注や管理を行ったり、パートナー(アルバイト)のスケジュールを調整しながら勤怠シフトを作成したり。まずはキッチン関連の管理業務から始めていますが、近いうちにホールを含めて約50名のパートナーを管理しながら店舗全体の運営手法を学んでいく予定です。
今の目標は、次のステップである店長。当然、その先にあるエリアマネージャーも目指したいと考えていますが、キャリアの途中でびっくりドンキーを離れ、PRONTOでサービス力や経営力に磨きをかけてみたい!という思いも。当社では多彩なキャリアを選択して進めるので、じっくり自分にあった道を探したいと思っています。

「ここで働けて良かった」と、
パートナーが胸を張れるお店にしたい

仕事の大きなやりがいに、人財育成があります。当店の場合、高校生などの若い方もパートナーとして多数活躍。彼らの成長はめざましく、成長過程を側で見ているだけでも嬉しい気持ちになります。
当店を卒業するパートナーが最終日に書き残した日報に、「ずっと憧れの先輩です。平塚さんみたいになることが目標になりました!」と。これを読んだ時は、さすがに胸がいっぱいに。
私自身、初めてパートナーの採用面接をした方で、入社後は何度もトレーニングを担当。その方を通して人財育成を学ばせてもらった事が多く、最後にお互いの成長にとってWIN-WINだったと知り、嬉しくなりました。
指導方法次第で業務のクオリティや成長速度が異なってくることを、この数年で実感。働いてくださるパートナー全員に「このお店で働けて良かった」と思ってもらえる職場にしていきたいです。

相談できる相手がたくさんいる
支え合い、刺激しあえる仲間が原動力

当社の正社員数は約30名と、良い意味で小所帯。社長をはじめとした経営陣を含め、みんなが気にかけてくれ、家族的な安心感があります。
全社員がびっくりドンキーの勤務経験を持っているため、職場が異なっても情報共有が可能。さらにGWなどの繁忙期には、本社やBOOK OFF、PRONTOなどの別店舗から応援に駆けつけてくれます。職場での疑問や悩みなどを共感しやすく、相談できる人がたくさんいて、ストレスを溜め込まずに働けている要因だと思っています。ちなみに、GW・お盆・年末の年3回、社長は全ての店舗をまわって、カツサンドを差し入れ。アットホームな社風を、社長自ら作ってくれています。
社員同士の繋がりが強いので、年一回の社員旅行はとても楽しみ。お互いの成長や、それこそ悩み事なども存分に語り合える機会です。同僚の成長に刺激を受け、上司や先輩の話に明るい未来を見ることができます。

Job

募集一覧

エントリーする